福島県福島市の下肢静脈瘤クリニック【保険適応】

医師紹介

  • HOME »
  • 医師紹介

院長 阪野 一世

dr

経歴

2007年 福島県立医科大学 卒業
2009年 福島県立医科大学 形成外科
2009年 群馬県立がんセンター 形成外科
2010年 帝京大学病院 形成外科
2011年 静岡県立こども病院 形成外科
2015年 寿泉堂総合病院 形成外科 医長

資格

日本形成外科学会専門医
臨床研修指導医

医師 糸井 由里恵

dr 下肢静脈瘤は、今でこそ取り扱うクリニックは増えたものの、以前は一部の病院のみで治療を行っているような、それなりにマイナーな病気でした。

私は形成外科医としてキャリアを開始しましたが、研修で一般外科へ修行に出ていた時期があります。そこは二次救急病院で、さまざまな治療が重なってとても忙しいところで、在籍した一年間で多くの経験を積むことができました。
予定手術はもちろんのこと、緊急手術も頻繁に発生していましたが、それでも下肢静脈瘤の手術(当時は血管を引き抜くストリッピングという治療法が主流でした)は一度か二度ほどしかなかったと記憶しています。

時は流れ、縁あって再び下肢静脈瘤に携わることになりました。現在の主流である高周波治療とレーザー治療で、静脈瘤でお悩みの方を治療させていただいています。
これらの治療法が、従来のストリッピングと違う点、それは入院の必要がないことと、再発の可能性が低いこと、そして身体の負担が少ないことです(感じる痛みは麻酔の注射程度です)。

どちらかというと高齢の女性に多くみられる疾患ですが、このご時世ですので、60歳を過ぎても働いている方も多くいます。また、若い方であれば、何日も仕事を休んでまで治療を受けたいかというと、やはり仕事を優先してしまう人がほとんどでしょう。
そうした意味でも、入院の必要がない日帰り治療は、静脈瘤治療の敷居を大きく下げました。

高周波治療で静脈の逆流を止めると、むくみや足がつることが楽になるばかりか、瘤が目立つ場合は見た目もスッキリします。ですので、特に女性は悪化する前に治療を受けていただきたいと思います。

経歴

1996年 日本医科大学 卒業
1996年 日本医科大学付属病院 形成外科
2002年 日本医科大学付属第二病院 形成外科
2004年 渋谷コアクリニック 美容皮膚科
2005年 王子皮膚科形成外科 院長
2013年 明日佳クリニック
2016年 東京美容外科
2016年 東京あしの血管クリニック

資格

下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による指導医
日本形成外科専門医
日本抗加齢医学会専門医

お気軽にお問い合わせください TEL 0120-513-452 または024-573-8520
診療時間 10:00~19:00[不定休・予約制]

福島下肢静脈瘤クリニック公式ブログ

下肢静脈瘤血管内焼灼術
実施施設認定証

カレンダーの表記について

◯:空有り  △:残りわずか
×:満員   -:休診日  

3月予約カレンダー

2020年3月
1
×
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
×
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年4月

3月予約カレンダー

2020年3月
1
×
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
×
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2020年4月

初診の患者様へ
よくある質問

メール受信設定確認のお願い

当サイトからのメールは「info@tcj-fukushima.com」で届きます。
「info@tcj-fukushima.com」からのメールを受信できるように設定をお願い致します。

◆メール受信設定詳細はこちら◆

求人情報
PAGETOP
Copyright © 福島下肢静脈瘤クリニック All Rights Reserved.